第21回 なんとか越冬した暖地植物

 猛暑が続いておりますが、今回は季節外れに植物の耐寒性の話です。

 この場所は関東エリアで柑橘類は北限です。ミカンは枯れることはありませんが、屋外ではおいしいものはできません。そんなところにもともと暖かい地方で生育する植物をダメモトで植えたら生き残るものがありました。特に昨年の冬は寒かったので若干心配しましたが、たくましく育っています。

 ニオイバンマツリ

 「バンマツリ」とはジャスミンの和名だそうです。(ただし、ニオイバンマツリはナス科なので分類上ジャスミンの仲間ではありません。)ジャスミンと言えば香りの強い花の代表ですが。それに「ニオイ」を付けて香りを強調しています。それくらい強い香りを放ちます。この樹はもう5年以上屋外に放置しています。「育て方」の情報では鉢植えにして霜に当てないようにと注意されています。しかし、この樹は霜どころか雪も経験しています。本来は常緑樹のはずですが、ここでは冬に落葉します。それでも再生して夏にはたくさん花を咲かせます。東京近辺ならば庭植え可能と思います。

 もっとポピュラーになっても良い木だと思います。しかし、名前が覚えにくい。

 

 サネカズラ

 種から育てて3年目になります。昨年から実をつけ始めています。今日は蕾を見ました。

 西日本の山野に生息するつる性の灌木で珍しい植物ではありません。四国にお遍路に行った時に種を取ってきました。東海以北では見たことがありませんので寒さに強い方ではないと思います。真冬にはだいぶ弱ります。この樹はまだ雪を経験しておらず、雪が積もったらどうなるかわかりません。

 お遍路の途中でこの植物を生垣に仕立てている家を見たことがあります。生育の早い植物なので頻繁に刈り込むなど手間がかかる作業が必要と思います。

 

 アボカド

 種が大きいので、土に埋めてみた方はたくさんおられると思います。

 多分霜に当たれば枯れるだろうと思って埋めてみたのですが、予想外に生き残りました。(種の栄養で持ちこたえた可能性があるので、2年目はどうなるかわかりません。)本来は20mを越える大木になるそうですので、もし生き残った場合はそうなる前に引っこ抜かなければなりません。関東で生き残るのであれば西南暖地のミカン畑の隅っこにでも植えてみたら育つのではないでしょうか。日本産のレモンが地域特産になっています。日本産アボカドも面白いかもしれない。今年はアオバハゴロモが大量発生して、このアボカドにもついています。これ以外には今のところ害虫は無さそうです。

 

 サボテン

 もう10年以上屋外に放置しており、2-3年ごとに大きな鉢に植え替えるだけで水やりもしていません。それでも花を咲かせてくれます。

 奥にあるウチワサボテンは霜に当たると若い芽を枯らしますが、また再生してきます。このサボテンは生育が早くて大木になります。大木の一部を移植して大木そのものは処分する作業を2~3年おきにやっています。黄色い花をたくさんつけるので大事にしています。

 サボテンと言えばトゲです。特にウチワサボテンのトゲは凄まじく、軍手・ゴム手を付けていても直接触れません。太いトゲの周りに目に見えないほど小さなトゲがあり、これが皮膚に刺さって抜けません。虫眼鏡と毛抜きが必要です。小さい子供のいる家などには持ち込まない方がいいでしょう。

 

 こんな感じで我が家はジャングル化していきます。

第20回 カナヘビは絶滅するのでしょうか?

 カナヘビが東京23区で絶滅しそうだとの記事を見ました。名前にヘビとついていますが、足が4本あるトカゲです。幸い我が家の庭にはカナヘビが数匹いて繁殖もしています。写真は今日(8月6日)に撮ったもの。ツツジの上に1時間くらいいました。木に登るのが好きで5mくらいのところまでは登ります。こうやってみると、たまたま写真に足が写っていないこともあって、細長くてヘビみたいです。

 他にもいないか探してみたら子供が軒下にいました。これはヤモリではなくカナヘビの子供です。

 こんなところに住んでいるので、カナヘビが絶滅しそうだと言われても実感がわきません。我が家がカナヘビの生存に適している理由は3つ。

 ①餌が豊富なこと。虫はたくさんいます。少なくともアリとダンゴムシは無数にいます。(注:飼育したカナヘビはアリは食べないそうです。)

 ②ツツジなど背の低い樹木が多いこと。木のてっぺんでよく見かけます。

 ③隠れるところがたくさんあること。樹木の下はリュウノヒゲ、ハラン、ツワブキなどが繁茂してジャングル状態です。

 おそらくカナヘビの最大の天敵は鳥ではないかと思われます。モズの早贄(ハヤニエ)の犠牲になっているのはカナヘビが多いように思いますし、カラスやムクドリも危険です。従って、隠れやすい下草はあったほうがいいでしょうし、樹木もツツジのように枝が混んでいて鳥がくちばしを突っ込みにくい方がいいでしょう。

 逆になぜ東京ではカナヘビが生きにくいのでしょう。きれいに整備された公園や住宅地では餌も隠れ場も無さそうです。にもかかわらず、カラスやムクドリはたくさんいます。

 東京でも空き家や廃屋、年期の入った庭がある古い家などでカナヘビはひっそり生き延びるかもしません。

 我が家にはネズミもバッタも小鳥さえ食ってしまう狂暴な肉食獣=猫がいます。こいつが最大の問題です。先日 原因はわかりませんが尻尾の切れたカナヘビを見ました。それでも猫が来てからの7年間絶滅していないので、これからも生き延びるはずです。

 

第19回 ミツバチが集まる植物と無視する植物。彼らの好みは微妙です。

 今 7月上旬 我が家の金柑の花が満開です。晴れた日には蜜蜂がたくさん来て樹全体がブンブンと騒音を立てています。

 我が家にはシオンやアガパンサスが咲いていますが、金柑のすぐそばなのにそちらにはほとんど蜂が寄り付きません。

 ちなみにこの金柑の木にはアゲハチョウの幼虫がたくさんつきます。しかし、ほとんど鳥に食べられて成虫になるものは極僅かです。ほとんどはクロアゲハになるようです。また、果実はヒヨドリの餌になります。

 下の写真は先月撮ったものです。キンシバイ(金糸梅)と言う植物で、これにも蜂がたくさん来ます。ところがこれと近縁種のヒペリカムには、すぐ近くに植えてあるのに、ほとんど蜂がいません。黄色の花に集まるというような単純なことではありません。

 蜜蜂は手当たり次第に花を訪問しているのではなさそうです。視覚か嗅覚かわかりませんが、蜜や花粉のある植物をあらかじめ狙ってきているようです。

 下の写真は春のハナダイコン、ナノハナ(実は小松菜です)それにグミの木です。これらにも蜜蜂が来ます。ハナダイコンに蜜蜂が来ているように青紫が嫌いということでもありません。

 近年 ミツバチの減少が問題視されています。すぐに農薬が悪者にされますが、蜜源植物の減少が主因であるとの説が有力になっています。もちろん花が咲いている時期にその花に殺虫剤を散布するのは論外で、農薬の使い方は慎重でなければなりません。と言っても蜂の好みは微妙で花さえ咲かせれば良いというものではなさそうです。少しでも蜜蜂が好む植物を増やしたいと微力ながらせっせと植えております。

 以前 蜜蜂を研究されている玉川大学の先生の講演を聞いたことがあります。蜜源植物の減少の話もその時聞きました。雑草のヤブカラシが蜜源として優秀だとお話しされていました。しかしながら、ヤブカラシは辛いのではなく、巻き付いて樹を枯らしてしまうのでこの名前があります。地下部が大きく、地上部を刈取ってもすぐ再生してきます。最強・最悪の雑草で我が家には絶対に持ち込みたくありません。人間の勝手と蜂の好みと折り合いをつけなければなりません。

番外 猫論2 7歳になった中年ネコ

 我が家の雌猫が我が家の軒下で生まれてから7歳になりました。と言っても避妊して飼い出してから6年たっているので推定で7歳です。猫の寿命を15年とすると7歳はちょうど半分。人間の40歳くらいに相当するはずです。行動がやや落ち着いてきたような気がします。猫は毎日行動パターンが変わります。若いときはこの変化が大きかったのですが、最近は比較的 行動パターンが一定して来たようです。例えば、朝帰ってきて餌を食べて昼過ぎまで寝て出て行って、夕方帰ってきて餌を食べてまた出て行って、暗くなると帰ってきて寝て、夜中に飼い主を起こしてまた出て行くという一日です。ちなみにこのパターンとは異なる日常もあります。帰ってこなくてもあまり心配しないことにしています。

 雨上がりの朝に、久しぶりに獲物を捕ってきました。これまでも何回か狩に成功していますが、雨上がりが多いようです。

 このまま家に入ろうとするので窓を閉めて拒否しました。するとネズミを離したり捕まえたりして遊び始めました。ちなみにこの日は夕方まで帰って来ませんでした。狩りに成功して興奮したか、締め出されてご機嫌が悪くなったかだと思います。

 

 後でネズミの死体を探しましたが見つかりません。おそらく食べてしまったのだと思います。だいたい骨ごとすべて食べます。尻尾だけ残っていたこともありました。

 この調子なので猫を外に出すのは鳥類を含め野生小動物の減少につながるのでやめるべきとの議論があります。たぶんその通りと思います。ネズミなど害獣を食べてくれるだけなら良いのですが、それだけでは済まないでしょう。飼い方が雑で申し訳ない。

 この猫は子宮を取ってしまったので繁殖できません。あと7~8年 幸せに生きてくれれば良いと思っております。

 

第18回 樹は大きくなります

 旅先で種を拾って育てることを始めてから30年以上たちました。当然というか予想通りのはずですが、最初の頃 植えたものが今は大木になっています。

 この樹はメタセコイアです。北の丸公園に落ちていた種から育てました。発芽時の写真が無くて残念です。この写真は2010年のものですが、移植してから既に2~3年たっていますので、播種したのは2005年頃と思われます。この時は高さ1mくらいです。

それが今や10m近くになっています。秋の紅葉(黄葉)が見事です。

 この濃緑色の樹は五葉松です。おそらくチョウセンゴヨウと思われます。これは種ではなく、北海道の十勝の道端に生えていた小さな苗を鞄に入れて持ち帰ったものです。植えてから35年程度たっているはずです。この場所は高地なのでマツノザイセンチュウの拡大は遅れていますが、それでも最近になって赤松が次々と枯れています。チョウセンゴヨウは赤松や黒松よりはマツノザイセンチュウに強いらしいのですが、完全には耐性ではないそうです。もし枯れた場合はプロの手を借りないと切り倒すのは難しいと思います。クレーンで吊っておいて切り倒さないと倒れる方向次第では電線を切ったりして危ないでしょう。

 五葉松は巨大な松ぼっくりを作り、その中に大きな種が入っています。食用になるそうです。繁殖も難しくなさそうなので、もしマツノザイセンチュウに強いことが確認できれば防風林などの利用もできるのではないでしょうか。

(もちろん樹木の種なので、草花のように蒔いてすぐ発芽するものではありません。秋に種を蒔くと翌春に発芽してきます。サクランボなどと同じです。)

 これは桜の木です。20年以上たっていると思います。ソメイヨシノではなくて開花の遅い吉野桜らしい樹から種を取っています。しかし、種から育てているので先祖返りして原種のヤマザクラに近くなっているはずです。

 桜が発芽している写真です。この苗を地面に植える時に大木となった時のことを想像しなければいけません。(なお、この桜の苗は上の写真の大木とは個体も種類も違います。東京の広尾にあった変わった桜の種から育てています。品種名ではありません。)

 樹は大きくなります。くれぐれも場所を考えて育てないと大変なことになります。昨年 亡き父が植えたコウヤマキを植木屋さんに頼んで切り倒しました。これ以上大きくなった場合、もし台風などで倒れると我家か隣家か家屋を壊す可能性がありました。下の写真は切り倒してから1年半くらいたった切り株です。おがくずがあるのはアリの巣です。

 十文字の切込みは植木屋さんがつけたものです。彼らの大木に対する敬意の表現です。

 育つと手に負えなくなることがある。動物も植物も同じです。

第17回 カミキリムシの来襲

 エゴノキとカミキリムシ 

 近所に街路樹としてエゴノキを使っているところがあります。5月中旬頃 風鈴のような白い花をたくさんつけます。鈴のような実も可愛いし、見栄えは大変よろしい。写真は街路樹に使われているエゴノキの花です。ややピンク色で園芸種を思われます。

 ところが植樹して5年くらいたった頃から次々と枯れて、今は半分くらいしか残っていません。エゴノキは小豆大の種を大量につけます。例によってこれら街路樹から種を取って蒔いてみました。発芽率は良好で生育も早く、10年くらいで3m以上の立派な木になりました。ところが昨年突然枯死しました。やむを得ず切り倒したところ案の定カミキリムシが侵入していました。

f:id:tanemaki_garden:20220411143415j:plain f:id:tanemaki_garden:20220411143600j:plain

 書物にはエゴノキはカミキリムシに弱いと書いてあります。街路樹の枯死もおそらくカミキリムシが原因でしょう。

 エゴノキは種子をたくさん作ります。発芽率も高く、繁殖力が強いと考えられます。しかし、こんなに害虫に弱いのでは長生きはできないでしょう。寿命の短さを繁殖力の強さでカバーして種を保存してきた植物なのかもしれません。

 

 樹皮を食う害虫 コウモリガ

 数種の樹木が枯れたり枝が折れました。明らかに何か害虫が食った痕跡がありますが、虫そのものは見つかりません。

f:id:tanemaki_garden:20220411144340j:plain f:id:tanemaki_garden:20220411144852j:plain

 かなり広い範囲の樹種が食害されました。

f:id:tanemaki_garden:20220411144446j:plain

 害虫はコウモリガではないかと推測しています。成虫は飛びながら卵をばらまくそうです。幼齢幼虫は主にヨモギなど広範囲の雑草を食べ、成長すると木に登って樹皮を食べ、さらに樹幹に侵入するそうです。繁殖は4~6月。対策は木の周りの雑草を除去することだそうです。幼虫は10m程度は動くそうなので、かなり広範囲の雑草を取らなければなりません。できるだけやりますが、事実上無理です。樹幹と樹の周りに限定的に殺虫剤を使うつもりでいます。

 欧州ではコウモリガによって樹林が壊滅することもあるそうです。樹皮・樹幹は樹木の急所ですので、ここをやられると枯死することもあると思います。

 

 飛来する重戦車 コガネムシの成虫

 上記のカミキリムシやコウモリガほど被害は大きくありませんが、コガネムシの成虫は今のところ対策がありません。写真はツバキです。昨年の夏にコガネムシ成虫に若葉を食べられて穴だらけになっています。

f:id:tanemaki_garden:20220411145812j:plain

 コガネムシの成虫は言わば重戦車のようなもので殺虫剤の直撃を受けないと落ちません。1日中飛来し飛び去って行きます。それをずっと見張るわけにはいきませんので対策は事実上ありません。この食害で木が枯れることは無いので放置しています。

 我が家の庭は仕方ないで済みますが、名園・名所はどうしているのでしょうか。

第16回 サネカズラの結実

 久しぶりに本筋の園芸の話です。この写真は四国に1回目のお遍路に行った時、徳島県にて3年前に撮った「サネカズラ」です。西日本では珍しい植物ではないそうですが、私は初めて見ました。四国には紅葉する樹木が少ない中で、晩秋の午後の日差しに輝くように鮮やかな赤は宝石のようでした。そこでこの種子を採って育ててみました。

f:id:tanemaki_garden:20211223084642j:plain

 1年目でこの大きさになります。茎葉もきれいなので、この大きさでおとなしくしていてくれればご家庭向きかもしれませんが、その後 どんどん伸びて2階へ届くほどになります。植える場所に注意が必要です。

f:id:tanemaki_garden:20211223085301j:plain

 3年目で花が咲きました。きれいな花ですが植物体が大きいので目立ちません。サネカズラは雌雄別株だそうです。花のつき方を見ると、3株植えた内で雌が2株、雄が1株だったようです。外見では見分けがつかないので幸運としか言いようがありません。

f:id:tanemaki_garden:20211223085515j:plain

 夏になると実をつけます。四国にあったものと比べると小型ですが、まだ株が若いから仕方ない。

f:id:tanemaki_garden:20211223085747j:plain

 それまでは順調でしたが、12月になって赤くなり始めた実が突然無くなり、芯だけが残りました。地面に落ちてもいないので、鳥が食べたと推測しています。

f:id:tanemaki_garden:20211223085914j:plain

 しかし、四国ではサネカズラの実を鳥が食べている形跡がありません。冬になってもきれいに残っています。鳥の種類が四国と関東でそれほど違うとは思えません。特に果実を好むヒヨドリは四国にもたくさんいました。ギャーギャーと騒々しいので声だけでわかります。四国の鳥はサネカズラを食べず、関東の鳥は食べるなどということがあるのでしょうか?

 残念ですが、こういう妙なことが起こるから自然は面白い。

 サネカズラの耐寒性は不明です。昨年までは比較的暖冬でしたが、今年の冬は寒いかもしれない。越冬できるかどうか少し心配です。